白髪染めとおしゃれ染めの違い

ヘアカラーやヘアマニュキュアには白髪染め用と普通の髪に使用するおしゃれ染め用があります。 白髪染めは白髪を目立たなくするために、おしゃれ染めは黒髪を好きな色に変えるために用いられますが、実際どのような違いがあるのでしょうか。

どちらも基本的な成分は同じですが、染料の配合濃度が異なります。 基本的に、白髪染めはおしゃれ染めよりも染毛力が強く作られており、脱色力が弱く作られています。

そのため白髪染めは、白髪も黒髪も同じように染めてしまうので、髪全体が均一な色に染まります。 おしゃれ染めは、黒髪のみを染めるように出来ているため、白髪に色素が入りにくくなっています。

白髪が出始める若年層では、白髪染めの使用を躊躇っておしゃれ染めで白髪を目立なくしようとする人も多いとは思いますが、染毛力に大きな違いがあるため白髪の割合に応じて、適切なものを選ばないと綺麗に染めることが出来ません。

ぱっと見て白髪があちこちに目立つようになってきたら、おしゃれ染めでは色ムラが出やすくなるので白髪染めを選ぶようにしましょう。