一時染めタイプの特徴

白髪染めには、ヘアカラーやヘアマニュキアの他に一時染めと呼ばれるタイプがあります。 一時染めは、髪の表面にスプレーやスティックなどで着色して白髪を目立たなくするもので、白髪染めの一種ですが、実際には染めているわけでなく、着色をしているだけになります。

そのため一時染めタイプの白髪染めは、シャンプーをすると簡単に落ちてしまいます。 最近では色持ちの良いタイプもありますが、それでも効果は数日程度です。

一時染めは、ヘアカラーやヘアマニュキュアのように、塗布後に放置時間を置いたり、洗い流したりする必要がないので手軽に行うことができるのが最大のメリットです。 また、髪や頭皮に与える負担がないので、髪や地肌に優しいですが、効果が1日から数日なので常用する白髪染めとして不向きです。

一般的には、時間がない時に急に白髪をケアする必要が出来た時や、次の白髪染めを行うまでの気になる生え際のケアなど、ヘアカラーやヘアニュキュアタイプの白髪染めと併用して使われることが多いです。