白髪になる原因は

白髪の原因の多くは、加齢によるものです。 体が老化することで、メラニンを生成する細胞の働きが低下して白髪になるというもので、個人差はありますが、30代後半くらいから気になり出す人が多いようです。

30代後半から気になり出し、40代、50代になるにつれて増えて行くような場合は、自然の老化現象の1つと考えて良いでしょう。 ところが、10代、20代の若年層でおこる場合には、それ以外の要因が考えられます。

まず、遺伝的な要素を持っていて白髪になりやすい人がいます。 詳しい事はわかっていなのですが、メラニン色素を髪に取り込みにくい体質であると考えられており、若白髪や子どもの白髪は遺伝性の場合が多いようです。

一時的な白髪の原因となるのは、病気や病気の治癒のための薬の副作用です。 細胞の働きは、人の身体は病気の治癒に偏るため、体力が低下しているとメラニンを生成する細胞の活動が衰えて白髪になる場合があります。

また、栄養の偏りや睡眠不足、運動不足、ストレスなども白髪の原因になります。 このような食生活の乱れは、細胞の働きを低下させたり、血行を悪くしたりします。 血行が悪くなると、毛母細胞へ充分な栄養を送ることが出来なくなるので、白髪だけでなく薄毛や抜け毛の原因にもなります。